お役立ちコラム

ホームページの上手な活用法・集客方法

『会社設立のミチシルベ』の廣瀬です。
ホームページは手段であって目的ではありません。
しかしほとんどの会社はホームページを作って、運用まで至っていないのが現実です。
今回は

ホームページは何故運用しないといけないのか
どのように運用していけばいいか

これらを解説していきます。

=============
目次
1.運用しないとどうなるの?
2.どのように運用していけばいいの?
3.まとめ
=============

運用しないとどうなるの?

残念ながらせっかく作ったホームページでもターゲット顧客に見てもらえません。。。
営業電話が増えるだけでしょう。

「ホームページを作成すれば自然に問い合わせがくるのでは?」と考えている経営者様がおられるかもしれません。
しかし、それだけでは集客はもちろん、期待している効果を得ることはできません。
集客などの効果を得るには「どのようにして自社のホームページを見た人たちが問い合わせをするに至るのか」をきちんと理解する必要があります。
GoogleやYahoo!などの検索サイト利用者は、各ポータルサイトのトップページからキーワードを使って自分が見たいホームページに辿り着きます。
次にホームページ内の内容を確認し、その過程として希望する商品やサービスを見つけます。
その後に商品やサービスを詳しく吟味し、興味があれば問い合わせに至ります。
つまり、ホームページの閲覧者を問い合わせまでに至らせるためには複数の過程があって、いかに途中で離脱させないことが重要となります。

これら複数の過程に対して、自社のホームページを見てもらえるように仕組みを作ることが「運用」になります。

どのように運用していけばいいの?

具体的な運用について解説していきます。
今回は数ある運用方法の中からSEOを中心とした解説を行います。

SEO対策

ホームページをできるだけ多くの人たちに見てもらうためには、ポータルサイトの検索結果で自社サイトを上位に表示させなくてはいけません。
それを実現するための対策のことを「SEO対策」または検索エンジン最適化と呼びます。

キーワードの組み合わせが大事

検索エンジンで多く検索されるキーワードのことを「ビッグワード」と呼びます。
一例を挙げれば、「パソコン」「自動車」「ドリンク」などの非常に大きなくくりで、ビジネスのカテゴリーとしても消費者に良く知られている、極めて多く検索されるキーワードのことです。
もちろん、ビッグワードで検索された時に自社のホームページが上位に表示されればいいわけですが、起業したての会社がなんの対策もしないで検索上位に表示されることはほぼ皆無です。
お金をかけないで検索上位を目指すためには、複数のキーワードを組み合わせることによるSEO対策を目指しましょう。

キーワードプランナーの有効活用

Google広告(旧Google Adwords)の「キーワードプランナー」を有効活用することにより、無料でSEO対策ができます。
「キーワードプランナー」とは、キーワードを探したり検索ボリュームを詳しく調査したりするもので、本来は広告を出すために参考となるツールです。
しかしSEO対策に関するキーワード調査にも有効活用できます。
Googleアカウントを持っていれば無料で利用することが可能で、指定したキーワードが毎月どのくらいの検索されているのかを知ることができます。
一定数の検索ボリュームがなければ、他のSEO対策を行ってもアクセス数が伸びない可能性が高くなってしまいます。

ブログやコラムの定期更新

SEO対策の方法はどんどん様変わりしているのが現実ですが、2021年1月時点ではボリュームが多くコンテンツが充実していることが、検索上位に表示される大きな要因となっています。
さらに、ブログやコラムを定期的に更新して、ページ数を増やすことがより効率的なSEO対策です。
ちなみに、1つのブログまたはコラムに800文字以上の文字数がなければ、1つのページとして検索エンジンに認識されない可能性が高くなります。

SNSをフル活用しよう

SEO対策以外に無料で問い合わせを増やすための方法として、SNSをフル活用することをおすすめします。
代表的なSNSには「Facebook」「Twitter」「LINE」「Instagram」「YouTube」などがあります。
この中でもビジネス仕様に作られている「Facebook」は、SNSにあまり慣れていない方にもおすすめのツールです。
Facebookページ(Facebookのビジネスアカウント)を作成して「いいね!」をたくさん集めれば、自社からメルマガのように情報発信を行うことが可能となります。
Facebookとホームページを連携させたり、名刺にQRコードを記載したりするなどして工夫すれば、商品やサービスの購入にもつなげることができます。

まとめ

SEO対策は知識をつければ自身で行うことも可能ですが、多くの時間と労力を費やすことになります。SEOに関しては専門業者に依頼し、経営者様は本業に注力することをオススメします。
*『会社設立のミチシルベ』ではSEO対策もご相談いただけます。