お役立ちコラム

起業時に頼りにすべき金融機関について!

こんにちは、『会社設立のミチシルベ』の廣瀬です。
今回は起業時にどこから融資を受ければよいのかについて解説します。

会社設立に関するコトをまとめたサイトを公開しています。ぜひ一度お立ち寄りください。『会社設立のミチシルベ』

================
目次
1、金融機関の種類について
2、メガバンク
3、地方銀行
4、信用金庫
5、日本政策金融公庫
6、まとめ
================

1、資金調達先の金融機関の種類

起業時に資金調達をする方法として、金融機関からの融資を考える経営者様が多いのが現実です。
金融機関には地元の小規模な信用金庫から、誰もがその名を聞いたことがあるメガバンクまでいろいろな種類があります。
肝心の利率や融資先など、それぞれに様々な特徴がありますので、それを踏まえたうえで適切な融資先を判断しましょう。

2、メガバンク

大都市に営業基盤を置き全国展開している大規模な銀行。
融資に関しても億単位のお金を動かしています。
融資の額が大きいことから利率は低い傾向ですが、百万円単位の小規模融資には積極的ではないことも大きな特徴です。
経営が危ないと判断したときの資金の引き揚げが早いことも特徴のひとつ。
融資可能と判断されても十分な注意が必要です。
創業時はまず取引出来ないと思ってください。

3、地方銀行

全国展開しているメガバンクとは違い、特定の地域に根差した経営を行っています
(関東圏のみ、九州圏のみなど)。
メガバンクよりは小規模融資にも積極的です。

4、信用金庫

地方銀行と同様に、特定のエリアで営業している銀行です。
小規模融資を中心に営業を行っています。
地域に密着していることから融資は受けやすいですが、融資金額が小さく、利率は高くなる傾向です。
営業圏が狭いことから顧客を大切にする傾向があり、経営が危険な状態になっても根気よく親身になって対応してくれるのが大きな特徴です。

5、日本政策金融公庫

国が中小企業を応援するために運営している金融機関です。
貸出専門なので預金業務は行っていないこともあり、知名度はそれほど高くはありません。
しかし、創業融資には最も積極的です。
別のブログで詳しく解説しているので参考にしてください。

参考:新創業融資制度について知っておきたいポイント

6、まとめ

上記に特徴を記載しましたが創業時、融資の相談先は一般的に下記の順です。

日本政策金融公庫 → 信用金庫 → 地方銀行 → メガバンク

融資には協業融資といって、1000万円の融資を信用金庫と地方銀行が500万ずつ融資することもあります。

創業時、日本政策金融公庫だけでは目標融資額に届かなかった場合、信金や地銀に相談してみるのもよいでしょう。

 

メガバンク 地方銀行 信用金庫 日本政策金融公庫
組織の規模 大規模 中規模 小規模 大規模
得意分野(融資) 大規模融資 中規模融資 小規模融資 小規模融資
利 率 低い 中程度 高め やや高め
創業資金の積極性 消極的 普通 積極的 積極的
創業資金の借りやすさ 難しい 普通 借りやすい 借りやすい
資金の逃げ足 早い 普通 遅い 遅い