お役立ちコラム

会社で持つべきクレジットカード。どうやって選べばいいの?

『会社設立のミチシルベ』の廣瀬です。

法人名義のクレジットカード、「法人カード」と表現されます。
経営者の方の中には「まだ法人カードを持っていない」という方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、法人カードには多くのメリットがあるので、ぜひ利用していただきたいです。

今回は
・法人カードのメリットデメリット
・自分にとってはどれが最適か

について解説したいと思います。
法人カードを持つか悩まれている方に参考になる内容となっております。
ぜひ最後までお付き合いください。

 

=============
目次
1.法人用のクレジットカードとは
2.メリットとデメリット
3.カード申し込みのフローと注意点
4. 忖度なし!おすすめのクレジットカード4選
5.まとめ
=============

1.法人カード用のクレジットカードとは

そもそもクレジットとはなんでしょうか。
クレジット = 信用
となります。

つまり、利用金額やカードが作れるか否かは利用者の「信用」にかかっているということです。
一般的に「信用」に関しては個人よりも法人の方が大きくなりますので、利用枠も大きくなります。

一般的なカード比較

限度額 年会費 ポイント 特典
個人カード 100万円 0円/年 約1% 特になし

 

法人カード 300万円 1万円/年 約1% 空港ラウンジ利用権利

保険完備など

さらに法人カードは

中小零細企業向け   「ビジネスカード」
大企業向け      「コーポレートカード」

に分類され、これらの利用枠も異なります。

2.メリット・デメリット

メリット1 経費精算が楽になる

個人カードを使う場合は、個人で利用したモノと事業で利用したモノの選別に時間がかかりますが、法人カードは全て事業用で使ったモノになるので、基本的には経費計上できます。
また会計ソフトと連動させることで記帳の手間も省かれます。

メリット2 キャッシュフローの改善

クレジットカードの支払いは後払いです。
事業を行う上で、「入金は早く、支払いは遅く」が重要です。
これによりキャッシュフローが良くなり、事業の拡大速度も早くなります。

メリット3 コスト削減

カード決済にすることで振込手数料が¥0になり、さらにポイントも溜まるのでコスト削減につながります。

デメリット1 年会費が発生する

一般的に個人カードは年会費が無料ですが、ほとんどの法人カードは年会費が発生します。

デメリット2 誰でも作れるわけではない

法人カードは設立間もない場合や、HPがない・電話番号がないなどの信用情報で、カードが作れないこともあります。
また法人だけでなく代表個人の信用を調査されるケースもあります。

3.カード申し込みのフローと注意点

申込手順は一般的には下記のとおりです。

問題がなければ、お申込みからカード発行まで3週間程度で完了します。
注意点としては「クレジット会社でのカード審査」です。
出来るだけ審査が有利になるように下記の事項に注意しましょう。

① 使っていないカードは解約する
② HPを作成したり、固定電話を引いたり信用を高める
③ 複数社のカードを一度に申し込まない
④ 個人の情報を事前に確認しておく
指定信用情報機関CIC https://www.cic.co.jp/index.html

4.忖度なし!おすすめのクレジットカード4選

法人用のクレジットカードは数十種類発行されていて、どれを選べばいいか
判断に迷うところです。

ここでは4種に絞って紹介させていただきます。
紹介料などはもらっていませんので、完全に忖度なしでいきます。

①楽天ビジネスカード(VISA)

年会費 2,000円 種別 VISA ポイント還元 1%
*楽天プレミアムカードを保有していることが条件となります。

個人事業主にお勧めのカードです。
楽天市場でのお買い物であればポイントも5倍溜まるという大きなメリットがあります。
(原則、個人に付与されたポイントは課税対象となります)
https://www.rakuten-card.co.jp/service/business-card/

②NTTファイナンスBizカード レギュラー

年会費 ¥0 種別 VISA ポイント還元 1%

年会費無料でポイント1%還元のカードです。
法人カードでは数少ない年会費永久無料で、ポイントも1%還元です。
https://www.ntt-card.com/biz/apply3/bizcard/

③アメリカンエクスプレス・ビジネスプラチナカード

年会費 ¥13万 種別 アメックス ポイント還元 0.5%

出張や接待の手配など、24時間365日対応可能です。
年会費は高額ですが、このような個人秘書のようなサービスが利用できます。

また利用枠も高額になるので資金繰りも改善できます。
https://www.americanexpress.com/jp/benefits/platinum-business-overview.html

④freee セゾンプラチナビジネスカード

年会費 ¥2万 種別 アメックス ポイント還元 0.5%

会計ソフトfreeeとセゾンが共同で作ったクレジットカードです。
Freeeと連動することで、財務状況が良ければクレジットカードの与信枠が上がります。
https://www.saisoncard.co.jp/lineup/freee/

5. まとめ

法人カードは作れるのであれば、100%作ったほうが良いです。

年会費が発生するカードが多いですが、起業時は金融機関での借り入れも厳しいので、こういった方法で資金繰りの改善を行いましょう。