お役立ちコラム

建設キャリアアップシステムについて!

『会社設立のミチシルベ』の宗像です。
「建設キャリアアップシステム」という言葉をご存じでしょうか。
「名前は聞いたことがあるけれど、詳しい内容はわからない」と言う方も多いのではないでしょうか。
今回は、建設キャリアアップシステムの概要についてご説明できればと思います。

=============
目次
1.建設キャリアアップシステムって何?
2.システムの仕組み
3.どのようなメリットがある?
4.システムの利用料金
5.まとめ
=============

建設キャリアアップシステムって何?

建設キャリアアップシステム(Construction Career Up System, 略称CCUSとも呼ばれています)とは、建設業で働く人の経験や職歴を業界全体として蓄積していくシステムです。
その結果、技能者がその技能で適切な処遇(給与)を受けられるようになります。
文字通り、建設業で働く人が、キャリアアップを積むためにあるシステムということですね。
このシステムは2019年4月からすでに運用が開始しています。

システムの仕組み

大きく分けて4つの情報が蓄積されます
・技能者情報(働く人)
・事業者情報(会社)
・現場情報
・就業履歴情報
この4つを登録して、紐づけることによって、情報を蓄積していきます。

建設キャリアアップシステム利用の流れ

簡単に流れをご説明させていただきます。

まず、事業者登録と、技能者登録をします。
そうすると、働く1人1人にICカードが発行されます!
次に、元請業者が、現場情報をシステムに登録します。
そして、元請業者が現場にICカードリーダーを設置します。
ここまでで準備はOKです。
最後に、現場で働く人が毎日ICカードリーダーに個人のICカードをタッチすれば就業履歴情報がシステムに蓄積されていきます。

この建設キャリアアップシステムは現時点では任意加入となっています。
ただし、外国人実習生を受け入れる場合は必須となっていますので、注意が必要です!

どのようなメリットがある?

建設キャリアアップシステムの導入により、働く人には2つのメリットがあります。
① 自身のキャリアが一目でわかる。
② 今後、職歴に応じた賃金設定が進み、そのルールの基づいた賃金がもらえるようになっていく。

一方、事業者側には、4つのメリットがあります。
① 出面管理ができる
② 入札加点
③ 社会保険加入状況等の確認の効率化(元請業者からのメリット)
④ 事務作業の効率化に期待ができる

建設キャリアアップシステムは、働く人・事業者の両者にメリットがありますので、ぜひ導入を検討したいですね。

システムの利用料金

建設キャリアアップシステムのデメリットは、利用料金がかかることが挙げられます。
下記の登録料金・利用料金が必要になるので、注意してください。

・技能者登録費用
2,500円/人

・事業者登録費用
事業者の規模によって異なり6,000円~240万円とかなり幅があります。
個人事業主は一律6,000円になります。
法人で資本金が500万円未満の会社も6,000円です。

・管理者ID利用料
事業者には管理者IDが発行されます。
11,400円/年間

・現場利用料
これは元請業者が負担します。
ICカードリーダーワンタッチにつき10円になります。
100名規模なら一日1,000円になります。
工期が100日なら、100,000円ですね。

料金一覧

技能者登録料 2,500円/人
事業者登録料 6,000円~240万円
管理者ID利用料 11,400円/年間
現場利用料 10円/ワンタッチ

まとめ

今回は建設キャリアアップシステムの概要に絞ってご説明させていただきました。
建設業で働く人はもちろん、人材を管理する会社にもメリットのあるシステムです。
登録料・利用料はかかりますが、メリットも大きいので、導入を検討されてみてはいかがでしょうか。
このシステムが生まれた背景や、今後の展望などは、別のブログでご説明できればと思います。
もう少し詳しく知りたい、相談したい方は『会社設立のミチシルベ』までお問合せください。