お役立ちコラム

ビジネスプランは必須?書き方のポイントをチェック

『会社設立のミチシルベ』のノゾミです。

会社の事業に関わる計画である「ビジネスプラン」。
よく知っている方もいれば、馴染みがなく聞いたこともないという方もいるでしょう。
この記事では、ビジネスプランの必要性や書き方のポイントなど、ビジネスプランを作成する意義について解説していきます。

=============
目次
1.ビジネスプランとは何か
2.ビジネスプランはなぜ必要なのか
3.ビジネスプランの作成から得られるもの
4.ビジネスプラン作成のポイント
5.まとめ
=============

ビジネスプランとは何か

「ビジネスプラン」とは、簡単に言うと事業を実現させるために作る計画のことです。
会社が事業によって顧客に提供する技術・商品・サービス、そういったものからの収益の獲得方法、資金の調達や運用モデルなどを記載します。
創業前に作成することもあれば、創業後に新たな事業を始める際に作成することもあります。
また、一度作成したらそのままにせずに、社内の状況をはじめ、法律改正や景気など世の中の状況に合わせて作り直すことも必要です。

ビジネスプランはなぜ必要なのか

ビジネスプランは「必ず作成しなければならない」というものではないです。
しかし、ビジネスプランがあるとさまざまな場面で役に立つので、作成しておいて損はありません。
作成された「ビジネスプラン」そのものはもちろん、ビジネスプランを作成する過程も非常に有益なものとなります。
また、事業に対して融資や投資を受ける場合、ビジネスプランの提示が必要になることも。
その事業が実現可能かどうかなどを、ビジネスプランで判断して投資を決めてもらうこともあるのです。
ビジネスプランを社外の人に見せるのは、このような資金調達の場面が多く、それを目的に作成することも多いものです。

ビジネスプランの作成から得られるもの

アイデアを書き出して事業計画書を作成すると、時間やお金、経営資源などがどれほど必要か分かりやすくなります。
そして、そのアイデアが実行可能かどうかを判断するのにも役立ちます。
ビジネスプランを作成するためには、市場分析などで自社の技術・商品・サービスのターゲットとなる顧客や競合他社などの調査が欠かせません。
その調査がのちに役立つこともあるでしょう。
また、複数のアイデアがある場合は、どれを選択するのか判断するきっかけになるでしょう。

ビジネスプランがあると役立つ場面

ビジネスプランは社内外問わず、関係者の理解や協力を得ることに役立つものです。
社外に提示すれば、自社のことを知ってもらう材料になります。
これは融資や投資を受けるときに限りません。
例えば、新たに従業員を採用する際には、ビジネスプランが会社のビジョンを理解してもらうための材料になるのです。
また、他社とコラボレーションすることになったとき、ビジネスプランがあれば事業のビジョンや戦略を先方に示しやすく、先方はコラボレーションが適切かどうかを判断する材料にすることができます。
社内的には、ビジネスプランを事業の進捗を確認するために使用することもできます。
ビジネスプランの内容によっては経営者や従業員が自社の事業内容の理解を深めることもできるのです。

ビジネスプラン作成のポイント

せっかく作成するなら、より意義のある効果的なビジネスプランにしたいものです。
そのために書き方のポイントとして重要なことがいくつかあるので、それをおさえておきましょう。

内容を具体的にする

内容は具体的にする必要があります。
目標や目的を明確に掲げておくと、その目標や目的に合わせたプランを作成することができ、内容も具体的になっていきます。
「誰に見てもらうために書いているのか」を意識し、言葉選びや内容の選択などに生かすと良いでしょう。

興味を持ってもらえる工夫と説得力も大切

社外的な視点を考えるなら、より興味を持ってもらえる工夫も必要です。
また、説得力のある内容にしなければなりません。
内容に一貫性があるように、矛盾や違和感のある箇所がないように気をつけましょう。
そのために、必要な物事をさまざまな視点でしっかり研究することも重要になります。
これは内容を具体的なものにし、説得力を持たせることにも役立つのです。
ちぐはぐな印象を与えないように統一したスタイルにし、要点をおさえて短く読みやすいものにします。

長くても20ページまでに

ページ数ですが、長くても20ページまでにしましょう。
長くなるようなら、価値があると思うものを添付として追加することも可能です。
「具体性」「説得性」「一貫性」を意識しながら、読みやすいものに仕上げていきましょう。

まとめ

ビジネスプランは、事業を進めていく上で大切なものです。
融資や投資を受ける場合には、ビジネスプランを見て判断されることもあります。
絶対に作成しなければならない、というわけではありませんが、事業計画を可視化したり、目標を明確にしたりするためにも、作成しておきましょう。