お役立ちコラム

高校生の採用方法は?手順やポイントを解説

『会社設立のミチシルベ』の宗像です。
中途採用をしている企業からよく聞くのが、「中途の方だと、前の会社の癖がついて指導しづらい」「トラブルを起こしてやめたり、入社してもすぐに退職したりと、いいことがない」という声。
中途採用が上手くいかなかった経験から、「何にも染まっていない高校生を採用したい」という希望も聞きます。
しかし、どのように高校生を採用するのか、初めての場合はわからないですよね。
そこで今回は、高校生採用の流れを簡単にご説明します。
ぜひ採用活動の参考にしてください。

=============
目次
1. 高校生採用の流れ
2. 高校生の採用につながるワンポイント
3.まとめ
=============

高校生採用の流れ

高校生採用は少し特殊です。
まず初めにハローワークで、【高校生用の求人】を出さなければなりません。
毎年6月1日に受付が始まります。まだ間に合うので、落ち着いて受付をお願いします。
ハローワークに高校生用の求人を出して、承認印をもらった後、
7月1日以降に高校へ、承認印を押してもらった求人票を学校へ持参もしくは郵送します。
そして、9月16日から面接が始まるという流れになります。
10月には2次募集を開始できますので、9月末に応募が来ていなければ、再度、進路指導の先生に連絡を取り、アプローチをしてもいいと思います。
年々倍率が高くなっているので、会社をPRしましょう。

高校生の採用につながるワンポイント

私が以前、母校の進路指導の先生に高校生の採用について確認をした時、「求人票は、郵送よりも、持参してくれる方が良い」と言われました。
高校求人は倍率が高く、郵送で送られてくることも多いため、「初めての会社はどのような会社なのか把握できないため、斡旋をしづらい」という理由です。
ただし、今はコロナ禍のため、事前に進路指導の先生に確認をお願いします。
高校に求人票を届ける場合ですが「会社のパンフレットを一緒に持ってきて欲しい」という意見もいただきました。
生徒の就職先になる可能性のある会社の情報は、先生や保護者も見ます。
とくに、採用後の教育体制や福利厚生はしっかり見られる部分ですので、パンフレットに記載し、アピールをされることをおすすめします!

まとめ

高校生採用の大まかな流れやポイントは、ご理解いただけたでしょうか。
高校生の採用に関しては、「面接で聞いてはいけない質問がある」「会社内では、分煙をしていないといけない」など、細かなルールも存在します。
社労士の先生のアドバイスを受けながら、採用活動を進めていただくのが良いと思います。
高校生は素直で成長スピードも速いので、期待の人材です。
社会人経験が無いという部分はありますが、中途で採用する人材とは違う、伸びしろがあります。
会社の成長のためにも、高校に求人票を毎年出して、若手人材の獲得を目指してみてはいかがでしょうか。
「高校生の採用についてもっと詳しく知りたい」などのご要望がありましたら、『会社設立のミチシルベ』までお問い合わせください。